英国のワークウェアを現代風にアレンジした、スモックTシャツ。 2020 SPRING/SUMMER

macalastair マカラスター 2020年春夏 スモックニットTシャツ

スコットランドの伝統的なニットウェアづくりの背景を生かし、上質な素材で長く愛用できるデイリーウェアを提案しているマカラスター(macalastair)。
2020年の春夏シーズンでは原点に立ち戻り、ブランドのモノづくりの根幹でもあるニットウェアを中心にコレクションを展開します。
英国の伝統的なデザインや手法を受け継ぎながらも、ホールガーメントのような現代の技術を取り入れ、これからの季節に本当に着たいものを考え抜いたコレクションです。
また、今回は抗菌性、防臭性、吸湿性などに優れたクラシックな天然機能素材「ウール」に再注目し、あえて春夏シーズンに数多く提案しています。
この特集では、そんなコレクションの中から厳選したアイテムのこだわりをご紹介していきます。第四弾は、半袖のウールニット「スモックTシャツ」です。

着心地が良く実用性を備えたウール素材ニットTシャツ

Tシャツに最適な、伸縮性があり心地よい質感のニット。

天然の機能繊維であるウールには抗菌、防臭性などさまざまな効果があり、アウトドアやミリタリーなどでもウールのTシャツが活用されています。
今回は、そんな機能的な天然繊維であるメリノウールを8ゲージ(ミドルゲージ)の天竺で編み上げることで伸縮性を持たせ、ウールながら1枚で着ても心地よいやわらかさを実現しました。また、糸に特殊な加工を施しており、家庭で簡単に洗濯ができるというのも魅力です。

伝統的なニットウェアを現代風にアレンジ

英国の伝統的なウェアを、Tシャツにアップデート。

イギリスの漁師をはじめ、画家などのアーティストからも愛用されていた作業着「フィッシャーマンスモック」を現代風にアレンジしたTシャツです。
第一弾でご紹介した「スモックセーター」と同様に、襟ぐりの両肩部分には、湾曲する襟のラインを美しく見せるために付けられていたという三角マチを同色糸の編み柄で表現しています。

ガンジーセーターから着想を得つつ、女性的なシルエットに

英国の伝統的なフィッシャーマンセーターであるガンジーニットのように、ネックや袖、裾の編み地を変えてアクセントにしています。
元来英国のニットには日本の家紋のように、家や地域ごとに編み柄を変えるという文化があったそうです。また、裾と袖のリブは長めに取り、ウエスト位置を高くすることで女性らしいシルエットを演出しています。

綺麗なAラインシルエットが全体のバランスを整える

女性らしいシルエットを生かす、Aラインスタイル。

定番色のネイビーとライトグレーのほかに、温かみのあるブラウンとピンクを展開。今回は、杢感のある落ち着いたブラウンカラーが重く見えないように、爽やかな白のスカートを合わせました。
このスモックTシャツは、着丈を短く、裾のリブを長めに設計されているので、ロングスカートやワイドパンツなど、ボリュームのあるスカートやボトムスと合わせることで綺麗なAラインを作ることができます。また、ウエスト位置が高く設定されているので、全体のシルエットバランスも良く見える効果があるのも魅力です。

商品名:SMOCK T-SHIRT(スモックTシャツ)
プライス:¥14,000(税抜)

輸入代理店直営オンラインショップを見る

photo Masahiro Yamamoto text K-suke Matsuda(RECKLESS)